2014年12月27日

年忘れ

 忘年会行ってきます、Do-Canです。

今年もおわりだから ねこ画像貼って毛
 枚数少ないけどどれも可愛い。

【ねこ画像】 ネコの画像を貼っていこう! (※132枚)
 年末年始猫まみれ。

NHKが5時間ぶっ通しでネコを眺める番組「朝まで世界ネコ歩き」を放送するぞおお!
 延々焚き火を映してる海外のチャンネル思い出した。さすがBS。


木〜金アニメ

俺、ツインテールになります。(最終回)
・「観束総二よ・・・私はおまえのツインテールだ」
ツインテールがシャベッタアアアアアアアアアアア!
ちょっと何言ってるのかわかりませんねぇ・・・。
・「速い!こいつは俺がツインテールを加速させない限り勝てない」
・「二刀の剣は俺のツインテール!ツインテールだから強いんだ!」
・「ツインテールは永遠だぜ!(定番)」
・”ツインテール 池田秀一” とかいうシュールなEDテロップ(笑)

謎のツインテール空間にツインテール名言の数々、ツインテールを活かした終盤の戦闘、ついでに最終回仕様の作画・・・実に今作らしいいい最終回だった!
そういやメインヒロインってトゥアールなのかなぁ?まぁ基本はハーレムエンドor結論が出ないまま終了だと思うけど。次いで愛歌(その場合トゥアールはこの世界を去る)≧トゥアールぐらいの可能性かな?えりな?えりなは俺の嫁だし・・・。


流せないレベルの作画のせいで悪目立ちしたが、話自体は最初から最後まで安定してた。真面目にだったり不真面目にだったりバカやりつつ、締める時は締める。王道の一つやね。いいアニメだった・・・ゆえに惜しいアニメだった、かな。



愛・天地無用!(最終回)
5分枠・キャラデの変更・設定などから、穿った目で見始めたが・・・序盤こそ「はいはい5分アニメ」というどうでもいい内容だったけど、中盤以降はちゃんと話を進め収束させまとめてきて、全体として見てみると「ももちゃんをゲストとした天地無用の劇場版(OVA)」といった内容と言えなくもなかった。とは言ってもやっぱり5分枠の構成で話はブツブツ切れちゃうんだけどね(苦笑)思ったよりは、ということで。
まぁももちゃんがいいゲストヒロインだったのと、なんだかんだ言ってほぼオリジナル声優が当時の声・演技で喋ってるのを聞くだけで胸が熱くなるものが。砂沙美ちゃんがああなってしまったのは絶許。



結城友奈は勇者である(最終回)
・大親友の顔にグーパン叩きこむ主人公(笑)
・最終回のクライマックスで一人だけ魂込めた絶叫できない樹ちゃんの中の人かわいそうです・・・。
・・・・そこで「お姉ちゃん」ね!「お兄ちゃん」って言ってもいいんだよ?
・最後の舞台上での立ちくらみはちょっと必要あったか疑問だなぁ。勇者部のみんなが拍手をもらう絵は嬉しかったけどね。

結局バーテックスの問題が解決することはなかったが、新樹様は供物の強制徴収をやめ、友奈達は勇者の任を解かれた模様。(あの時空いてた新樹様の壁・流入するバーテックスはどうなったのかな?) あくまで結城友奈の章の終了でしかないのね。誰かの章でこの世界が救われる、勇者システムが終了することはあるんですかね?世界が終了して救われるとかじゃなくてね?

ともあれ、元通りの日常(と思われる)が戻ってくるようで本当に良かった。極端に言えば、いつk・・・目の前の勇者部の5人が平穏な日常を取り戻せれば後任の方々はまた別のシリーズでがんばってねってことなのでね。いい最終回でした。


話が重くなっていくのは予定通り。まどマギフォロワーとして比較されるのが当然の流れの中、(俺の判断としては)充分今作なりの色を出してくれたと思うね。後半のそれぞれのキャラの心情、そこからくる中の人達の熱演には胸を熱くさせていただきました。ありがとう!
posted by Do-Can at 10:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結城友奈は勇者である(最終回)
>・大親友の顔にグーパン叩きこむ主人公(笑)
歯ぁ食いしばれっ!ってやつですな(笑)
肉体言語で語り合うのは基本ですよね。

>・最後の舞台上での立ちくらみはちょっと必要あったか疑問だなぁ。勇者部のみんなが拍手をもらう絵は嬉しかったけどね。
それこそ散り際に一花咲かせたのかと思いかけた。

>結局バーテックスの問題が解決することはなかったが、新樹様は供物の強制徴収をやめ、友奈達は勇者の任を解かれた模様。
供物の強制徴収を止めた理由が良く分からないままだよな〜。大赦側からの連絡も一方通行みたいだし。
それに、一度供えた供物が帰って来るってのも何か納得が行かない…乃木さんまで復活してるし。
後輩勇者がまた供物を徴収されるんだろうか?

>誰かの章でこの世界が救われる、勇者システムが終了することはあるんですかね?世界が終了して救われるとかじゃなくてね?
バーテックス発生の根本を潰さない限り永遠と続きそうですね。そしてその根本を潰した所で世界があの状態ですし、
本当の意味で世界が救われる事はあるんですかねぇ?

最初は風先輩がマミられたりするのかと心配したりもしたが、二番煎じは流石に無かったねw
内容的には、体の機能を供物として奪われつつも諦める事無く人知れず戦い続けるって言う
まさに勇者的なストーリーで、熱い王道展開には満足でしたが、最後に全員復活って所が温い感じがしてね…。
大団円は嫌いじゃ無いですが、何となくモヤっとした感じが残りましたね。

wiki見たら、全員好きな食べ物”うどん”で笑ろたw
Posted by ぷりすみ at 2014年12月30日 21:27
>ぷりすみさん
>歯ぁ食いしばれっ!ってやつですな(笑)
>肉体言語で語り合うのは基本ですよね。
相手も「弱々しい女子」とかじゃないしね。しょうがないよね。

>それこそ散り際に一花咲かせたのかと思いかけた。
そうそう、そういうミスリードのための演出に見えちゃってねー。

>供物の強制徴収を止めた理由が良く分からないままだよな〜。
勇者部の想い・願いが通じたってことで。
より現実的に考えるのならば、「叛乱起こされるからシステム変更」ですかねぇ。
「供物を徴収しないことで問題は起きないのか?」は謎ですがw

>大赦側からの連絡も一方通行みたいだし。
やっぱ悪ですわ。乃木さんに潰してもらおう。

>それに、一度供えた供物が帰って来るってのも何か納得が行かない…乃木さんまで復活してるし。
まぁたしかに。「奇跡ですよ、奇跡」と言ってしまえば簡単だけど、今作ではもう少し理由付けがほしいところだね。きっとなんかあるんでしょう。

>後輩勇者がまた供物を徴収されるんだろうか?
理屈で言えば供物徴収自体無くなってるとは思うけど・・・。

>バーテックス発生の根本を潰さない限り永遠と続きそうですね。
>そしてその根本を潰した所で世界があの状態ですし、
>本当の意味で世界が救われる事はあるんですかねぇ?
ねー。ちょっと容易には想像できないよね。
相手は神だし、勇者たちの想いが届いて、この世界・宇宙が復活・再生とか?

>内容的には、体の機能を供物として奪われつつも諦める事無く人知れず戦い続ける
>って言うまさに勇者的なストーリーで、熱い王道展開には満足でしたが、
>最後に全員復活って所が温い感じがしてね…。
好意的に解釈すれば、まどマギとの差別化を図ったとも言えるか。
ぬるく終わらせないようにすると、細かい決着まで描写し切るには尺が足りなかっただろうしね。しっかりしたこの物語の決着は、別のシリーズになるのかなぁ?

>wiki見たら、全員好きな食べ物”うどん”で笑ろたw
知らなかったw(おそらく香川ということで)さすがのうどん押し。
肉うどん?美味そうだったなぁ。
Posted by Do-Can at 2014年12月30日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

俺、ツインテールになります。#12「ツインテールよ永遠に」
Excerpt: 「真面目にバカをやる」という原作をそのままとは言わないまでも、かなり近い所まで見
Weblog: 城弾シアター別館
Tracked: 2014-12-28 18:04