2017年03月11日

日本の4番

パワプロでドミニカvs日本やってみたから結果を淡々と貼ってくわ
 こんなん実際にあったら心ぶっ壊れそうだわ。いろいろな意味で。筒香は二次元でも三次元でも確率を越えた何かを持ってるな。

インドのトラック運転手が頭オカシイと話題に! 海外の反応。
 けっこうスピード出てるやん・・・。こいつもあれだけど、

>俺はロンドンで働くバスドライバーだったけど、これと同じことをやって仕事を失ったよ。
>お前らも気をつけた方がいいぞ。
 むしろこいつが恐ろしいわ。

「本屋の店員だからこそ楽しめる遊びがある…」本の表紙を使った遊びいろいろ
 すげーな!それぞれの表紙に合う人をオーディションで選んだんじゃないかと思うほど。



水〜木アニメ

メイドラゴン
・「はですたおして〜」 「や〜」
・序盤で見せた才川への計算高さから、カンナちゃんのあの子供っぽさは大半が演技なんじゃないかと思ってたんだが、思ったよりも精神性は低い・・・あるいは、親・家族の愛情を求める&甘えたい気持ちは本物なのかもなぁ。
・わりとどうでもいいけど、男子リレーのメンバーが戦国武将の名前のもじりだった。
・もちろん全体的にいい話だったんだが、滝谷の「手伝おっか?」の申し出に小林さんが少考してから受諾したのが特に気に入った。今までだったら、自分だけに関する都合だったら絶対そうしないような小林さんだったんだろうなぁ。
・ルコアさん来てるのかよ・・・そこらのご家庭に不和の種を蒔くようなまねを。
・運営は小学校の借り物競争でどんな「ワールドクラス」が転がってることを想定してるのか。
・遠足の時に見られなかったお弁当タイム!しかも家族揃って!
どんだけ気合い入れてるんだよ(笑)品数多すぎ。パスタ三種とグラタン?あんな少量ずつ用意するとか手間やな〜。冷蔵庫にはその余りが大量に入ってそう。
・二人三脚の時はアレだったが、才川のいつものアレが綱引きであんなアレなことになるとは(笑)
・最後のリレーが超王道のベタにいい話で困る(ひねりも何もないですね)。そしてBGMも盛り上げてくれたなぁ。演奏は北宇治高校ですか?

はぁ・・・ちょおたのしかった。また日本のアニメが世界のロリコンレベルを上げてしまったか。



クズの本懐
今までも面白かったけど、今回の雨中の花火とエッちゃんのやり取りは初めてすっきりとした気がする。・・・だったんだけど、最後キスするんかよ(苦笑)なかなかすぱっとはいかないなぁ。まぁ彼女たちにとってはあれでも十分けじめつけてるのかもだけど。



うらら
・10組中3組というふるい落とし方式ってけっこう厳しいね。合格点に達したみんなが合格とかじゃないんだな。
・各茶屋の主人なにやってんの(笑)2番占とかもいるのに、フレンドリーだなぁ。
・佐久隊長のタイトミニの制服は破廉恥だと思います。動きやすさを考えるのならズボンでもいいのに。
・「罠の多い道」を占うんじゃなくて、直接「鍵矢のある場所」を占えばいいんじゃないだろうか・・・。
・振子ユレールちゃん成長しちゃってるじゃねーか!めちゃ可愛かったのに・・・。
・おいおいなんだよ最後のその展開。普通に怖いんですけど。千矢にそんな感じの設定あるの?
posted by Do-Can at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>メイドラ

冒頭の赤トンボで「これカンナが食べちゃうのか?」と思ったり(笑)

>滝谷

本エピソードの隠れMVPですね。
恩着せがましくないのがマジ男前、これが本当にあのキャラなんでやんすか?(笑)

>遠足の時に見られなかったお弁当タイム

お弁当対決の時に「何だ、肝心の遠足は無しか」と不満に思いましたが、ここへの布石だったのかと納得です。

>最後のリレーが超王道のベタにいい話

モロに「あずまんが大王」ちよちゃん&榊さんのシーンを連想です。

カンナはドラゴンとは言えやはりまだ幼いんですね。
(人間の子供とはイコールで無いにせよ)
その流れで気になったのがやはり小林さん。
普段の立ち振る舞いだけなら「ドライ」と言う感じの素っ気なさですが、こう言う「情け」の部分で何か欠落していた(過去形)原因はやはり生い立ちに有るのかなぁ?
単なるコメディならスルーしても良いんですが、この原作の方は結構内省的なモノローグでキャラ掘り下げたりするので、ちょっと気になっています。

・・・その頃エルマさんは(笑)
こう言う「人の食べ物が気に入ってしまう」と言う展開もまたベタですがキャラが立って良いな、と。
Posted by mino at 2017年03月12日 02:18
>minoさん
>冒頭の赤トンボで「これカンナが食べちゃうのか?」と思ったり(笑)
すっかり毒されてる(笑)

>本エピソードの隠れMVPですね。恩着せがましくないのがマジ男前
恩に着せるようなやつだったら小林さんも距離をおいてるでしょうね(笑)

>これが本当にあのキャラなんでやんすか?(笑)
オタク趣味と人間性は別物ということで(笑)

>モロに「あずまんが大王」ちよちゃん&榊さんのシーンを連想です。
寡黙な頼れるキャラですな。身長は随分違うけど(笑)

>その流れで気になったのがやはり小林さん。
>普段の立ち振る舞いだけなら「ドライ」と言う感じの素っ気なさですが、
>こう言う「情け」の部分で何か欠落していた(過去形)原因はやはり生い立ちに有るのかなぁ?
生い立ち・家庭環境で(仮に劇的なものではないとしても)原因がありそうですね。

>単なるコメディならスルーしても良いんですが、
>この原作の方は結構内省的なモノローグでキャラ掘り下げたりするので、
>ちょっと気になっています。
今作は基本はコメディなのでしょうが、たまにシリアス気味なパート挟んできますよね。
このアニメの中で小林さんのそれがしっかり描かれるかはわかりませんが。

>こう言う「人の食べ物が気に入ってしまう」と言う展開も
>またベタですがキャラが立って良いな、と。
「GATE」でも向こうの世界全体として同様のことが描かれてましたね。好みの展開です。
Posted by Do-Can at 2017年03月12日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック