2017年03月28日

中二気味

やたら“カッコ良い”駅名ランキング
 「おもしろい駅名」と違って、さすがシンプルにそれっぽい名前が並ぶね。

0対91で敗れた英心高校野球部 「選手はダメじゃない」監督は胸を張った
 元記事がもうね・・・。

「彼女が鍵でバスケットを作った…意味が分からないって?」→こういうこと
 なんでこんなに鍵を持っているんだろう?



月アニメ

超・少年探偵団NEO(最終回)
低めにごく普通のショートアニメ。キャストがわりと豪華だったこと以外特に語るところが・・・。



ガヴリールドロップアウト(最終回)
終わった。最後にきれいなガヴとタプちゃんが見られて良かった。

原作の力ももちろんのこと、動画工房の女の子を可愛くコミカルに描く力と、中の人の演技が大きかったなぁ。OP・ED含め、1クール楽しませていただきました。



霊剣山 叡智への資格(最終回)
まず最初に言っておくよ?普通に面白かった!
1期がかなり微妙だったのに2期で面白くなった超々稀有な例。自分の経験で初めてかもしれないぐらい。そりゃそうだ。1期がハズレたら普通2期は作られないもんな。まぁ近年は最初から分割2クール前提という場合があるわけで、今回もそうだったのだろうけど・・・それでもここまで変わるのはね。

そもそも1期も設定ややっていることは個人的には好み〜嫌いじゃなかったんだよね。ただあまりにも脚本が破綻していただけで。2期でも「予想してたのとは違った展開」みたいなのは多々あったけど、それは「こちらとは違った向こうの感覚」というレベル。日本じゃありえない倫理観・感覚・文化・常識の違いといったようなものがむしろ新鮮に楽しめましたよ。こういった形での「他国の作品輸入」は価値あるなぁ。



TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-(最終回)
自分にとってまずないことなんだが、最後まで見たことを後悔した作品だった。
もちろん魅力はあったから見てたんだよ?野呂ちゃんの可愛さと、1期序盤の探偵パートの事件設定とかね。(捜査自体はちょっと) 
しかし2期に入って事件が21面相関連のメインストーリーに入るに従って、登場人物の多くの思考・行動に納得・共感ができないこと、「ホイホイキャラが洗脳される」という敵能力のインチキっぷり、それらによる展開の無茶苦茶さが続いて、もうね。2クールもあったし、逆の意味で記憶に残る作品かも。



ちるらん にぶんの壱(最終回)
女子向けショートアニメ。内容は無いよう。可もなく不可もなく。
posted by Do-Can at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448504530

この記事へのトラックバック