2017年04月02日

まかせろ!

「炊事、洗濯、掃除」あなたの得意な家事はどれ?
 食事、かな。

「「日本の男子バレーボール選手が試合中に、”男同士でキス”したぞ!!!」」→ある映像が海外で話題にwww
 お祭り試合中でのそういうあれかよwこれはいいファンサービス。

犬「よっしゃー、お気に入りのぬいぐるみを買ってもらった!」あれ…でも大きすぎない?」(動画)
 会計時の2本足で立ってる時もかわいい。



木〜土アニメ

ALL OUT!!(最終回)
試合も充分面白いんだけどね。それ以上に試合以外のパートが面白かった。コーチ、先生、部内の人間関係、家庭問題といった部分のドラマがたまらんかったわ。籠コーチの中の人最高っす!
それと2クールやってくれたのも予想外の嬉しさ。こういうストーリー性のあるものは積み重ね大事よね〜。とはいえやる気喪失先輩の件はまだ未解決のようだし、2期・・・期待してもいいんだろうか・・・わくわく。



クズの本懐(最終回)
花日と麦の決着は最終回最後の最後までどうなるかハラハラしてたんだけど・・・すっきりした!両先生はちょっと普通じゃなさすぎてアレだったけど、さっちゃんものり子もメイン二人もいい着地点になったわ〜。

ただのエロ押しアニメか・・・などということはない、他の魅力のあるアニメだった。
けっして万人には受けないけど、あのちょっと歪んだ・・・けど人間の一面でもある思考・感情のキャラだらけの人間模様は他アニメでは味わえないものだったね。ノイタミナにはこういったユニークさをもっていってほしいね。(そういう意味じゃ次の冴えカノは普通のハーレムアニメの一種だなw)



スクールガールストライカーズ Animation Channel(最終回)
みんないくわよ!アルタイル・ストームだーーーーっ!
まさかこのラストバトルでまたあの技が見られるとは(笑)というか、結局ストームは前座で、とどめはつばめちんの斬撃やん。モルガナ弱っ。黒糖のキッシュと降神三姉妹が99%削ってあったのかな?


終盤まさかのシリアス展開だったが・・・どうでもいい(笑) や、筋は通ってたし、別に問題はなかったんだけどね。今作はそういうことじゃなくてですね(笑)
女の子たちがなぜか武装して世界を救うために戦ってますーってアニメはいっぱいあるけど、ここまで開き直ってレクリエーション・部活動レベルの軽さ・和やかさでそれを行っているってのがレアだった(笑)「ギャップが」とか「おまえらふざけてんの?」とかツッコむのが野暮になるほどの真っ直ぐさ。実に潔かった。実に良いB級アニメでした。えす、じー、えす! えっす、じー、えす!



幼女戦記(最終回)
レルゲンとの会話は静かでありながら言葉に力がこもっていて盛り上がったな。さすが碧ちゃん、いい仕事。ゼートゥーア・ルーデルドルフが無能で怠惰扱いされてしまったのは残念だが、この時代ではしかたないということになるか。

Bパートはこのアニメでのエピローグみたいなもんだね。帝国は(欧州周辺の)人類の敵となり、メアリー・スーという新たな神の使徒が生まれる。ターニャちゃんは改めて神につばを吐く・・・っと。


当初、ターニャはひどい戦場・戦況の連続でもっと苦労するのかと思っていたんだが、どちらかというと無双系の話だったな。これは単なる自分の認識違いとして・・・戦争もの、戦略・戦術・空戦アクションとして、幼女とおっさんの演技込みで面白かった。しかしやはり存在Xとのことがあるので、2クール以上かけてもうちょいストーリーを追いたいところだな。1クールとしては適当な終わり方だったと思うけどねー。

なんかネットでメアリー・スーに反応してる人が多かったのでググってみた。へぇ〜



クラシカロイド(最終回)
最後に唐突に宇宙人来襲とか超展開・・・っぽく見えるが、その理由を考えれば納得だな。「急に締めに入りだしたバッハ様とラストバトル→誤解が解ける」程度じゃ弱かったしね。

第2シリーズやるの?wwwまぁいくらでも続けられる設定と終わり方だったからいいけどね(笑)


Eテレでクラシックの偉人たちという設定から「教育に良さそうな番組」をイメージしてたらとんだ勘違いですよ。2クールもかけて、そのラスト3話を除いたすべてで無茶苦茶やりたい放題のギャグ内容っていうね。おもしろいんだけどさぁ・・・ほんと、なんでこれをEテレで(笑)でした。



僕のヒーローアカデミア 第二期(新番組)
特に語ることもなく順調に2期スタート。(いい意味で)
さらに向こうへ!プルス・ウルトラ!



銀の墓守り(新番組)
初回としてはつかみが弱いというか、派手なことをやってはいるが「なんでこんな状況なの?」という疑問が起きないのが問題。ただ派手なことをやってるだけ。HPを見て設定は把握してるんだけど、だからこそこの初回には初回として必要なものが足りない気がする。切るかも。



進撃の巨人 Season 2(新番組)
ああ、また始まったんだな・・・という感覚。初回から緊張感あるシーンの連続に、気がついたら30分経ってた。原作読んであるのに惹き込まれちゃったわ。アニメの力でかい。2期も衝撃的展開・事実が多いからなぁ。楽しめそう。



GRANBLUE FANTASY The Animation(新番組)
以前先行放送見たので。そんな感じ。
posted by Do-Can at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>幼女戦記

>さすが碧ちゃん、いい仕事。

同意です、本作はもしかしたら悠木碧の為に作られた作品なのかも知れないと感じる所もあった位です。

>ルーデルドルフが無能で怠惰扱いされてしまった

有能さを生かせるのが負け戦の時と言う因果なタイプの軍人もいますし(汗)
ルーデルドルフ閣下ら参謀連中は軍人であって政治家ではないのですが・・・良く考えて見たらこの作品は政治家は出て来ないよなぁ・・・講和とかは政治家の仕事なのですが・・・
って、それがこの世界でも常識とは限らないか(苦笑)

しかし・・・12話で終わらせるとなるとどうしてもこうなるかぁ・・・

ターニャの「改めて存在Xへの宣戦布告」と対になっているのが「存在Xの駒になったメアリ」な訳ですが、これをわざわざ提示するのはやはり二期への布石か?

と思ったら「メアリー・スー」ってそう言う意味もあるのか・・・
それで「二期?ないない。あとは視聴者が考察してね」でオシマイと言う解釈はうがちすぎかな?
Posted by mino at 2017年04月03日 23:46
>minoさん
>同意です、本作はもしかしたら悠木碧の為に作られた作品なのかも知れない
>と感じる所もあった位です。
これからも「可愛さ・幼さとのギャップ」などの生きる作品ではその活躍が期待できることでしょう。

>有能さを生かせるのが負け戦の時と言う因果なタイプの軍人もいますし(汗)
「撤退戦では」「防衛戦では」みたいなもんですね。

>ルーデルドルフ閣下ら参謀連中は軍人であって政治家ではないのですが
>・・・良く考えて見たらこの作品は政治家は出て来ないよなぁ
>・・・講和とかは政治家の仕事なのですが・・・
最後の会議で同席してたんですかね。能力・発言力は低そうですが。
帝国ではそれだけ軍の力が大きいのかな?

>これをわざわざ提示するのはやはり二期への布石か?
「いかにも」なラストから、2期がいつまでも放置されている作品も山のようにありますのでなんとも・・・。
布石であることを祈るばかりです。

>それで「二期?ないない。あとは視聴者が考察してね」
>でオシマイと言う解釈はうがちすぎかな?
原作でどうなっているのかは知りませんが、「メアリが兵に志願」が原作どおりなら2期の可能性も、オリジナルなら2期は期待薄ですかねぇ。
Posted by Do-Can at 2017年04月03日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック