2017年04月07日

子供の頃からもっと歯磨きしていればよかった

人間の体が欠陥だと思う部分を挙げてけ
 歯については思うなぁ。鮫さんとか見習おう。

【社畜乙!】先輩から新社会人へのアドバイスが的確すぎるとネットで話題に。
 的確。下の方のアドバイスも現実的。

なにそれ初耳! 社会人になって初めて知った日本語8選
 その中に「なるはや」が入ってるのには違和感。


水アニメ

『てーきゅう』アニメ第9期放送決定!この夏またまた帰ってくる!!
 「また春が来る」というような感覚。



サクラクエスト(新番組)
SHIROBAKOからの大きな期待からするとちょっとパンチの弱い初回だったかな。とはいえキャラは魅力的で作りの丁寧さは感じるのでそういう部分ではP.A.WORKSクオリティ。今後も期待して見ていく。



小林さんちのメイドラゴン(最終回)
・急にトールがいなくなっても、その時動揺してもちゃんと翌朝出社・仕事をして表面上には出さない小林さんはさすが社会人。
・トールがいない間、カンナちゃんの様子がいっぱい見られて楽しい(ひどいw)
・冒頭の味噌汁も美味しそうな和風朝食と、コーヒー(ホットミルク)にトーストの簡素な朝食の対比がね・・・。
・トール達が来る前は一人暮らしで問題なかっただろうけど、トールがいなくなってカンナちゃんという幼女と二人暮らしだと、あの生活感満載の部屋は教育上よろしくないな。
・「オムライスを美味しいって言ってなかったこと」が伏線になってる。

ラストは想像以上にシリアスだったなー。説得の内容はそこまではこなかったが、人間とドラゴンの物語である今作として一番重要な部分だったってことかねー。


基本的には「良作画のかなり楽しい異種間コメディ」だった。細かく言うと、女主人公・小林さんを始めとするキャラの魅力と中の人達の好演、カンナちゃんマジ天使幼女で京アニ作画万歳ってところかな。あとOP・ED(EDのカップリングも)好きでした。良作。



武装少女マキャヴェリズム(新番組)
前半は見てて変な薄笑いが止まらなかった。
後半のアクションシーンはなかなか。そしてラストののちゃんが乱入してからのコミカルなシーンはいい落差でした。
ふぅ・・・これは・・・いったいどうなっていくのか、たいへんに不安な・・・。
posted by Do-Can at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歯については切実に鮫が羨ましく思います。

>サクラクエスト

「吉里吉里人」に始まる独立国ブームを知っている世代としては懐かしく思いました。
就職浪人の女の子が観光資源の無い田舎をどのように活性化するのか楽しみです。

>メイドラゴン

トールって皇女様だったのか。
お嬢様らしさが微塵もなかったから意外です。

トールが強制送還された後の小林さんとカンナちゃんの生活が、奥さんを亡くした父子家庭を見ている様でした。
Posted by 疫病神 at 2017年04月08日 19:31
>疫病神さん
>歯については切実に鮫が羨ましく思います。
あと何千年かしたら人類も進化してあるいは・・・。
その頃には医療技術の方面からなんとかなってそうだな(笑)


>「吉里吉里人」に始まる独立国ブームを知っている世代としては懐かしく思いました。
そういうのがあったのを聞いたことはあるけど、自分の体感としては覚えがないんですよねぇ・・・とググってみたら、吉里吉里人が生まれる前でした。ブームも物心つくかつかないかぐらいだなぁ。

>就職浪人の女の子が観光資源の無い田舎をどのように活性化するのか楽しみです。
ですねー。眠っている・気づかれていない観光資源があるのかもしれない。


>トールって皇女様だったのか。
>お嬢様らしさが微塵もなかったから意外です。
お嬢様らしさはなかったですね(笑)
「強さ」はあるっぽかったのが一応その血なのか。

>トールが強制送還された後の小林さんとカンナちゃんの生活が、
>奥さんを亡くした父子家庭を見ている様でした。
まったくですね。娘ができた娘だったのが救い・・・というようなことを考えるたびに、実際のところカンナちゃんの精神年齢がどんなものなのか測りがたく感じます(笑)
Posted by Do-Can at 2017年04月08日 20:55
>人間の体が欠陥だと思う部分

そりゃもう「調子が悪くなっても部品交換が出来ない」アフターパーツが全く存在しない事でしょう。
仮に有ったとしてもワンオフ品なので適合する部品はまず入手出来ませんし。
そして意外に保守点検の為の費用が掛かる〜ランニングコストがバカにならない事も挙げたいです。

まあ「命は大事にしろ、一生使える」とマッコイじいさんも言ってますが(笑)

>小林さんちのメイドラゴン

拙ブログでも書いたのですが、エルマの登場が遅かったのがもったいなかったなぁ、と。

>OP・ED

70年代のファンクミュージックを意識したと思われる軽快なアレンジでした、ちゅちゅいぇー。

しかし小林さん、実家に帰って家族にトールとカンナを何て紹介したんだろう?(笑)
Posted by mino at 2017年04月08日 23:20
>minoさん
>そりゃもう「調子が悪くなっても部品交換が出来ない」
>アフターパーツが全く存在しない事でしょう。
>仮に有ったとしてもワンオフ品なので適合する部品はまず入手出来ませんし。
わりと普通に、「あるじゃないっすか?」と思っちゃいました。
「パーツによっては金さえあれば不可能ではない」ですかねぇ。
もちろん自分には無理なので「不可能」なのですが!

>そして意外に保守点検の為の費用が掛かる〜
>ランニングコストがバカにならない事も挙げたいです。
ですねぇ。耐久性を上げることもできるでしょうが、それだけの手間もかかりますね。

>まあ「命は大事にしろ、一生使える」とマッコイじいさんも言ってますが(笑)
ググるとエリア88のようですね。おっさん・じじいも出て、さすがいいセリフが多いのだろうなぁ。


>拙ブログでも書いたのですが、エルマの登場が遅かったのがもったいなかったなぁ、と。
OP・EDで同じぐらい目立ってたわりには遅かったですね。
聴くところでは、あれでも早めに出したそうなのですが(苦笑)

>70年代のファンクミュージックを意識したと思われる
>軽快なアレンジでした、ちゅちゅいぇー。
おお、あれはそういうことなのか。普通にOPを聴いても私などにはわからなかったのですが、フルを思い出してみると「この辺とかそうなのか」と思えるCメロがあったりしますね。

>しかし小林さん、実家に帰って家族にトールとカンナを何て紹介したんだろう?(笑)
「メイドと娘です」
・・・なんて紹介したんだろうなぁ・・・。
「友達とその連れ子です」
・・・だめだ。トールとカンナの組み合わせでは難しいなぁ(笑)
Posted by Do-Can at 2017年04月08日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448818248

この記事へのトラックバック