2017年05月11日

贅沢言うな

三大もらっても嬉しくないお土産「笹かまぼこ」「荻の月」
 どっちも美味いじゃねーか。みかもの月ほどじゃないけど。

【画像あり】鹿にせんべいあげまくった結果wwwwwwwww
 そら限度はあるわな。

「お客様は神様だろうが!」とうるさい客を黙らせる一言が決定
 最優秀賞のやつは皮肉・否定(拒否)として弱いなぁ。高齢の住職賞のは上手いけど実用性は(笑)金賞のとか、疫病神を用いたものが有用。



posted by Do-Can at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>もらっても嬉しくないお土産

一周回って三角ペナントとか提灯とかだと嬉しい(笑)
金メッキの温度計付き東京タワーのクルクルカレンダーだと涙が出る程楽しいかも(笑)

「荻の月」は類似品も多いですね、緑茶でも紅茶でもコーヒーでも合うのが嬉しいです。

>お客様は神様

それを口にして良いのは三波春夫だけです。
Posted by mino at 2017年05月12日 00:44
「お客様は神様」

 差し詰め僕なら
「貴様が神なら、オレは悪魔だ」とでも返しますかね(笑)
 どこのハカイダーだよ(笑)

「お客様は…」と似たような誤用に「子供のやることですから」
 本来は被害者側が寛容さを見せるときの言葉なのに、いつの間にか加害者側の親がわが子をかばうために使うように。
Posted by 城弾 at 2017年05月12日 19:07
>minoさん
>一周回って三角ペナントとか提灯とかだと嬉しい(笑)
>金メッキの温度計付き東京タワーのクルクルカレンダーだと
>涙が出る程楽しいかも(笑)
そういうのを特に喜ぶマニアックな方は少数派ですので(笑)

>「荻の月」は類似品も多いですね、
栃木にもあるように!いえ、萩の月が栃木をパクったんですけど!

>緑茶でも紅茶でもコーヒーでも合うのが嬉しいです。
あの甘さは緑茶にはもちろんですが、紅茶やコーヒーでも合うんですね〜。

>それを口にして良いのは三波春夫だけです。
ごく最初からみんながそういう認識だったら、この言葉自体そう広まらなかったんでしょうけどね(苦笑)



>城弾先生
>差し詰め僕なら「貴様が神なら、オレは悪魔だ」とでも返しますかね(笑)
それも厄介な店員になりそうですな(笑)

>「子供のやることですから」
>本来は被害者側が寛容さを見せるときの言葉なのに、
>いつの間にか加害者側の親がわが子をかばうために使うように。
ネットで見るトラブル話でよく聞く流れですね。
「子供のやることだから子供は許すから、親が責任を持て・責任を取れ」という返しも聞きますね。
Posted by Do-Can at 2017年05月12日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック