2017年06月03日

隠し味に

食塩に「足の臭い」 中国の家庭で苦情相次ぐ その原因は…
 また新たな商品が開発されたのか。

天才棋士・加藤一二三のテレビ需要が拡大 棋士とテレビの親和性
 時代が追いついてきた。まぁ書かれているとおり、棋士は変人だらけなんでしょうけど。

3ヶ月ですし職人になった女性がTVに出て話題に→しかし衝撃の行動をとっていて炎上「食品衛生の資格持ってんのかよ」
>耳の上にワサビ仕込んでるんだろ
 わろたwたしかに自然な動きだったしな。



木アニメ

月がきれい
・「もう隠し事なしだよー!」
もうほんと女子って・・・。
・教室内で二人の目があった瞬間、沈黙するクラスメイト達(笑)
・「茜ちゃん・・・茜(たはーw)」
新しい呼び方を口に出して試してみてる(笑)そんなのこっちも悶えるわ!
・いきなり稽古場のみんなに彼女バレ(笑)これはひどい。
・「(お芋マスコット)俺もほしい(笑)」
じゃねーよ!買わないのかよ!
・茜ちゃんの足の様子気づけよ!!!
そこに気づかなかったとしても、気づかなかったことを謝ったりしないのはちょっと意外だった。
そして、その怪我が陸上に影響するみたいな悲しい展開にならなくて本当に良かった。
・ん?最後の登校日の時、女子たちにはキスのこと話したの?言わんでいいけど。後で問題になったりしなければ。ほっとけっつーの!
・EDのLINEのイチャイチャっぷりときたら!
・涼子先生、どんだけ発情してんねん。・・・どの程度の本気度なのかなー?ろまんが中学卒業したらどうするつもりなんだろう?
・息子の自作小説勝手に読んでの、両親の反応がおもしろい(笑)

先週一つ壁を越えて距離が縮まったからか、今週の茜ちゃんは超絶可愛かったな。小太郎爆発しろ。



冴えカノ♭
キャスト2名のみ。丸々二人の会話を楽しませていただきました。加藤かわいいよ加藤。
ずーっと見てきて、いまだに倫也がサークルメンバーの好意・意思をそれぞれの時点でどこまで正しく把握しているのかわからなくなる。



恋愛暴君
このアニメは今回の劇の詳細とか観客への対応とか、ものっすごいギャグノリで適当なところもあるけど、話の本筋はやけにシリアスでがっつりいくよね。全体的な作りもいいし、人は選びそうだけど実に意外な良作。結論:ゆずちゃん超可愛い。
posted by Do-Can at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>月がきれい

うーん、優しい世界だ。私の知ってる世界じゃない異世界ファンタジーだ。

>隠し事なし

こういう事言うヤツに限って「ここだけの話だよー」なんて人が隠しておきたい秘密をあちこちにばらまくんだよな(笑)

小太郎君のフレンズ達の反応はほぼ予想通りでした、まあこの年代の男子なんてこんなもんでしょう(笑)

で・・・あーーーーもう!もう!!もうったらもうっ!!(笑)

今回のファインプレー賞はお囃子指導のオッチャンかなぁ?
お小遣い1000円が神社の絵馬(と言うか短冊か)2枚分ちょうどとは。

>息子の自作小説勝手に読んでの、両親の反応

これ息子の小説挟んで両親の立場や意識の違いが表されているのでは?
なんて思ったのですがこのパートはそんな深読みするようなパートじゃないですね(笑)

Posted by mino at 2017年06月06日 12:58
>minoさん
>うーん、優しい世界だ。私の知ってる世界じゃない異世界ファンタジーだ。
やはりアニメなど二次元に求めるのは「ファンタジー」なわけですよ。

>こういう事言うヤツに限って「ここだけの話だよー」
>なんて人が隠しておきたい秘密をあちこちにばらまくんだよな(笑)
あるあるあるある(笑)
「○○ちゃんは親友だから」でセーフなんですよ(笑)

>小太郎君のフレンズ達の反応はほぼ予想通りでした、
>まあこの年代の男子なんてこんなもんでしょう(笑)
友達を冷やかしたりからかったりするのが大好きなフレンズなんだね!
むしろ現実の平均的男子はもっと度を越えて弄りそう(笑)

>で・・・あーーーーもう!もう!!もうったらもうっ!!(笑)
どのシーンのことかわかりませんがな(笑)
もっとアップにしてくれないと!

>今回のファインプレー賞はお囃子指導のオッチャンかなぁ?
>お小遣い1000円が神社の絵馬(と言うか短冊か)2枚分ちょうどとは。
「その2枚の金額として渡した」と考えたネット民もいましたが、いやほんとかぁ?(笑)いかにも適当にポケットから出した感じでしたが(笑)
その1000円を、(内心はわからないけど少なくとも画面上の描写では)ためらわずそれに支払った小太郎は立派でした。今作はいつも中学生の金銭感覚をアピールしてるのでね。
・・・そこのいつもご休憩してるやつら!おまえらじゃねーよ!

>これ息子の小説挟んで両親の立場や意識の違いが表されているのでは?
まさにその通りかと。小太郎に対する親としてのスタンスもあるかもですが、そう深く受け止めなくてもおまけパートですので、「女心を男と女がどれだけ正しく理解してるかの違いをコミカルに描いた」ってだけでいいんでしょうけどね(笑)
Posted by Do-Can at 2017年06月06日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450506930

この記事へのトラックバック